短歌集-冬日和

1ページ

短歌集-冬日和のサイトへ ようこそ!!

短歌集-冬日和は、私の父 伊藤 英郎(えいろう) が18才の頃から作成した短歌集です。

父は、万葉集と斎藤茂吉全集を、多くの時間を費やして読んでいました。

自らの短歌人生の総決算として、この1冊の本を自費出版(2000年8月)しました。

感想などコメントいただければ幸いに存じます。

伊藤 英郎は2017年4月24日午後11時29分、満92才で、老衰のため逝去しました。(追記)

※全体はpdfリンクを参照してください。

PDF_1page-201page

PDF_202page-453page

今後1ぺージづつ追加予定です。

fuyubiyori00001s

5 comments

  1. こんばんは!お久しぶりです
    先日 還暦を祝う会に田舎に行って来ました。皆さん年を召されていて初めは誰だか
    分かりませんでした。祝う会の冊子を読んで驚きました。食口で公務をされているのですか?
    私も食口です。それではまた

  2. おじゃまします。岩手出身ですので懐かしい地名に反応してしまいました! 笛吹峠、昔は本当に真っ暗で大変な山越えだったと聞いています。夜道のドライブも恐ろしい場所ですが色々な発見もある場所なのでしょうね。私は数度 通り過ぎた程度ですが・・・。

  3. おじゃまします。

    岩手出身なので まず「岩」の文字に反応し

    笛吹峠の夜道ドライブを思い出しました。

    達筆で素敵ですね☆

安部和志 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>